納骨官(カロート)新設・追加工事は巣鴨石材まで

納骨官(カロート)新設・追加工事

カロートがない場合のカロート新設・追加工事

古いお墓の場合にはカロート(納骨官)がないお墓もあります。 そういった際は、以前土葬していたり、穴を掘って骨壺を納めていたりします。 しかし、既にお骨が一杯で埋める場所がなかったり、カロートが古くなっていたりする方にカロートの新設工事をおすすめします。 カロートの新設工事とは、いまある墓石を一旦取り外し、カロートを設置の上で墓石を再設置するリフォーム方法になります。

納骨官(カロート)新設工事の流れ

納骨官(カロート)設置前 墓石の取り外し
①リフォーム前
工事前の墓所の状態です。
カロートがなく、全て土葬されていました。
②墓石の取り外し
カロート設置のため、一度墓石を取り外します。
お骨の採集 納骨官(カロート)設置後
③お骨の採集
墓石撤去後に土葬されていたお骨を採集した上でカロートを新設します。
④カロート設置後
納骨口に石材を回し、拝石を新設しました。
弊社のカロートは二段式は標準仕様となっており、下段がぬけてありますので
古いお骨や土に帰すお骨は下段に、新しいお骨は上段に納めることもできます。
費用目安:約400,000円~

現地確認は無料で行っておりますので、墓石のリフォームをお考えの方はお気軽にご相談ください。

お見積りはこちら

このページの先頭へ